2023-10

2023・10・13(金)東京二期会「ドン・カルロ」

      東京文化会館大ホール  4時

 シュトゥットガルト州立劇場との提携公演として、ロッテ・デ・ベア(ウィーン・フォルクスオーパー芸術監督)が同劇場で2019年秋に演出した新プロダクションが上演された。
 第1幕に「フォンテンブローの森」の場面を復活させた5幕版によるイタリア語上演だが、モデナ版ともまた違い、独自の手が加えられている。
 今回は、横須賀で1回、札幌で2回、東京で3回━━というスケジュールがダブルキャストで組まれ、今日が東京初日公演である。

 出演は、樋口達哉(ドン・カルロ)、竹多倫子(エリザベッタ)、小林啓倫(ロドリーゴ)、ジョン・ハオ(フィリッポ2世)、狩野賢一(宗教裁判長)、清水華澄(エボリ公女)、畠山茂(修道士)、中野亜維里(テバルド)、前川健生(レルマ伯爵)、七澤結(天よりの声)他。東京フィルハーモニー交響楽団と二期会合唱団。指揮は、新鋭レオナルド・シーニ。なお、舞台美術はクリストフ・ヘッツァー、照明はアレックス・ブロックだった。

 とにかく、暗くて、重くて、悲劇の権化のような舞台だ。
 プレトークを行なった演出家ロッテ・デ・ベアによれば、舞台は30年後の世界で、地球温暖化はいよいよ進み、難民が増加し、宗教(キリスト教)が再び力を増し、その権力の中で自由が失われて行き、暴力と殺人が進み、主人公カルロはその中で精神を病んで行く━━という設定にされている。

 たしかにこれらは、決して読み替えではなく、もともと作品に内在している要素であろう。彼女の演出は、それを所謂グランドオペラ的な、豪壮華麗な色彩感にあふれたスペクタクルな舞台に仕上げるのではなく、権力、難民、戦争、政治の暗部、自由への欲求、闘争などの部分のみを浮き彫りにする解釈なのである。従って、暗く重い舞台になるのは当然である。
 「伝統的な手法で舞台をつくれば、ただ昔の人たちはそうだったんだな、ということだけで済んでしまう。だが自分はこの物語を、現代の世界で現実に起こっている事柄を象徴するものとして描き出したい」とデ・ベアは言う。ヨーロッパではもうずいぶん以前から試みられている手法ではある。

 そうした視点から見ると、今回の「ドン・カルロ」は、かなりよく出来た舞台と言えるのではないか。冒頭シーンで悲惨な難民の群れが現れ、「政略結婚により戦争が終って平和が甦るのなら、王族たちはどうか自分を犠牲にしてでもわれわれ難民を救って欲しい」とエリザベッタに迫る場面など、いかにも現代の難民の心理そのものだろう。事あるごとに現れては暴力をふるう警吏(軍隊)など、観ていると不愉快にはなるけれども、戦争が起こっている地域では、それは日常の出来事であるはずである。

 オペラをただの美しい娯楽と考えている人々には、劇中の火刑や処刑、暗殺といった場面はただの絵空事にしか感じられないので、今回のような現実的な演出は、概して嫌われることになろう。だが一方、世界のオペラ演出界に於いてはありふれたものになっている手法を全く無視するわけには行くまい。その意味で、二期会が続けているこの路線は、意義あるものであると私は思う。

 演出の細部について二、三メモすれば、例えばあのスペクタクルな「火刑の場面」は現れない。その代わり、その場面に先立ち、バレエ音楽のパロディとしてヴィンクラーの「プッシー・ポルカ」なる曲が演奏され、ここで人形が火刑にされるグロテスクな光景が展開され、カルロがそれを「幻想」として目の当たりにする、という場面が挿入される。
 これがカルロを狂気に導く決定的な引き金となるのは明らかであろう。そのあとのカルロの行動や言葉が常軌を逸したものになって行くのも、これで説明がつくというものである。
 もうひとつは、カルロを導く「謎の修道士」を、先帝カルロ5世の亡霊などという訳の解らぬ存在にせず、最後まで修道士として押し切ったこと(彼は殺される)。これで最終場面は、オリジナルのト書きよりも遥かに明解になっただろう。

 また、ちょっと面白い新解釈は、エボリ公女を異様な目つきで窺いつつコーラスにも参加していた女性が、実はエリザベッタのお付きの伯爵夫人で、エボリ公女をスパイする役目を持っていたという設定。その伯爵夫人が王から罰せられて追放されるという極端な処分に遭う(今回の演出では衛兵から殴る蹴るの暴行を受けて、多分殺されるのだろう)のも、この理由の方が筋も通る。

 その他、フォンテーヌブローの森の場面で、カルロとエリザベッタがベッドシーンを見せる設定などは、2人がすでに深い関係を持ったことを強調するだろう。またフィリッポ2世が「妻(エリザベッタ)はわしを愛してはおらぬ」と嘆くアリアを歌う有名な場面でも、ベッドで彼女がそっぽを向いて寝ているという光景を加えることによって、より具体的な描き方になるだろう。
 まあ、こんなのは、無くもがなの余計な設定と言えるかもしれないし、第一、フィリッポ2世がパジャマ姿であのアリアを歌うなどという光景には私も些か辟易せざるを得ないのだが、権力者の裏側を描き出すという点では、より具体的になったかもしれない。

 終演後のカーテンコールでは、演出家にブーイングも飛んだ。日本の歌劇場では久しぶりのブーイングである。演出家もしてやったりの表情で、反応アリ、と喜んだのではなかろうか。欧州系の演出家は、おざなりの拍手よりも、積極的な賛否の反応を歓迎するからである。

 音楽的な面のことを書く余裕がなくなった。若いレオナルド・シーニの指揮はなかなかいい。東京フィルが引き締まった演奏を聴かせてくれた。歌手陣の中では、革命家ロドリーゴを歌った小林啓倫が最も印象に残る。

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中