2023-10

2023・10・20(金)鈴木優人の関西フィル首席客演指揮者就任記念演奏会

       ザ・シンフォニーホール  7時

 欧州ツアーから帰国したばかりの関西フィルハーモニー管弦楽団の、これは特別演奏会。
 音楽監督のオーギュスタン・デュメイ、首席指揮者の藤岡幸夫という指揮者陣に、今年から首席客演指揮者として鈴木優人が加わったが、その就任披露演奏会がこれである。今日のコンサートマスターは木村悦子。

 鈴木優人が関西フィルを指揮するのは3年前の6月にも聴いたことがあるが、彼もあの頃に比べ、さらに大幅な進境を遂げている。
 今回はラモーの「優雅なインドの国々」からの組曲(鈴木優人編)、ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」(全曲版)、ブラームスの「交響曲第1番」という、鈴木の十八番のバロックから始めて新古典主義作品へ、最後にロマン派の交響曲━━という流れのプログラムを組んでいたが、これは賢明な選曲だった。前半の二つの作品では彼の最良のものが発揮されたし、またブラームスでは、彼のロマン派のレパートリーにおける目覚しい進境が聴かれたからである。

 「優雅なインドの国々」からは、あの有名な「未開人の踊り」を含む6曲が演奏された。オーケストレーションには鈴木優人の手が加えられているとのこと。比較的大きな管弦楽編成で、ちょっと落ち着かない感じもなくはなかったが、彼の「名刺代わり」としては絶好の曲目だろう。
 「プルチネルラ」は、森麻季(S)、鈴木准(T)、加耒徹(Br)の声楽陣も加わった全曲版による演奏で、わが国でこの版をナマで聴ける機会は稀である。この新古典主義系の作品は鈴木優人の個性に合うように思う。

 ただ、このような作品においては、関西フィルの演奏は粗くて、少々重いし、洒脱さにも不足する。これは、このオーケストラがこうしたレパートリーに慣れていないということもあろう。鈴木優人との呼吸がぴったり合うようになれば、関西フィルにとって新しい世界が開けて行くだろう。

 ブラームスは、予想を遥かに上回る見事な演奏になった。特に第2楽章以降には驚くほどしなやかな、瑞々しい響きと表情があふれていた。フレーズの一つ一つが明快に際立っているように聞こえるのは、さすがバロック音楽を得意とする鈴木優人ならではのものだろう。中間2楽章での、軽やかなタッチで追い上げて行く呼吸の見事さには、もう「鈴木優人のロマン派ものは・・・・」などとは言わせない、という気魄があふれているようだ。
 関西フィルもこのレパートリーはお手のもの、濃密な音で、あたたかい演奏を聴かせてくれた。

 アンコールには、「優雅なインドの国々」からの「未開人の踊り」が、先ほどよりも威勢よく演奏されたが、これに合わせて客席から手拍子が起こり、手の空いている楽員までその手拍子に参加していたのは、さすが大阪というか。

 終演は、9時半近くになった。今回はなかなか適当なホテルが取れず、結局、ザ・シンフォニーホールとフェスティバルホールの双方に近い中之島のリーガロイヤルホテルに宿泊したのだが(意外にハイコストではない部屋がある)、部屋には最近のホテルには珍しいラジオのチャンネルが付いていて、その「BGM」がクラシックをシームレスで流していたのには感動した。室内楽とソロ曲ばかりだが、悪くない選曲だ。今では忘れられたような曲である「ハイケンスのセレナード」が流れていたのには驚いた。

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中