2023-11

2023・11・26(日)バッハ:「ヨハネ受難曲」クリスティ指揮

      東京オペラシティ コンサートホール  3時

 名匠ウィリアム・クリスティが率いるレザール・フロリサン(管弦楽団と合唱団)が来日してたった1回の公演。バッハの「ヨハネ受難曲」を演奏した。

 声楽のソリストはバスティアン・ライモンディ(エヴァンゲリスト)、アレックス・ローゼン(イエス)の他、レイチェル・レドモンド、ヘレン・チャールストン、モーリッツ・カレンベルク、マチュー・ワレンジクが務めていた。ライモンディを除く5人は合唱にも参加する。

 瑞々しくあたたかく、バッハの音楽が陶酔的な美しさを以て響いて来る。「マタイ受難曲」よりもこちら「ヨハネ受難曲」の方がいい曲だ、と思ってしまうほど、今日の演奏は心に響くものだった。
 もちろん、美しいとは言ってもそれは言葉の綾に過ぎない。このキリスト教の歴史における恐るべき悲劇を描く音楽の鬼気迫る迫力を余すところなく再現したクリスティとレザール・フロリサンの凄さは、並みのものではなかったのだ。感動的なコンサートである。
 客席もほぼ満席の状態。

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中