2023-12

2023・12・9(土)上岡敏之指揮読売日本交響楽団&二期会合唱団

       東京芸術劇場 コンサートホール  6時

 これは読響の主催ではなく、東京二期会&二期会21の主催。二期会創立70周年記念の一環となっている。
 プログラムは、ストラヴィンスキーの「詩篇交響曲」と、モーツァルトの「レクイエム」(ジュスマイヤー補筆版)。
 協演の声楽ソリストは盛田麻央(S)、富岡明子(A)、松原友(T)、ジョン・ハオ(Bs)。コンサートマスターは日下紗矢子。合唱指揮は根本卓也。

 二期会主催であるからには、主役は声楽陣ということになるが、実際に聴いたところでは、映えたのは合唱団、それも「レクイエム」における歌唱━━と思えたのだが、如何だったろう。ただこれは、私の聴いた席が、前半の「詩篇交響曲」が残響の極度に長く聞こえる1階席後方、「レクイエム」がクリアな音に聞こえる2階席前方、という具合に異なっていたので、あまり明確な判断というわけにも行かない。

 いずれにせよ、特に「レクイエム」での上岡敏之の指揮がかなり劇的で、「キリエ」からすでに異様なほど速いテンポで驀進し(ここでの合唱がよくついて行ったと思うのだが)、しかも文字通りのアタッカで「怒りの日」で突入した時のデモーニッシュな迫力は凄まじいものがあった。楽曲全体を完璧なバランスで構築するという点でも、彼の指揮は卓越していただろう。

2023・12・9(土)カーチュン・ウォン指揮日本フィル 12月東京定期

       サントリーホール  2時

 桂冠指揮者アレクサンドル・ラザレフは結局来日できなかったが、代役として首席指揮者カーチュン・ウォンが自ら登場したとは豪華な話。
 外山雄三の交響詩「まつら」、伊福部昭の「オーケストラとマリンバのための《ラウダ・コンチェルタータ》」(マリンバのソロは池上英樹)、ショスタコーヴィチの「交響曲第5番」を指揮した。コンサートマスターは田野倉雅秋。

 「ラウダ・コンチェルタータ」での池上英樹のマリンバ・ソロはさすがにスケール感があり、しかも刻々と変化するような色彩感まで感じさせるといった演奏で、この曲をさらに面白く聴かせることに成功していた。

 ウォンの指揮のもとで、日本フィルが新境地を開拓したと感じられた演奏は、やはりショスタコーヴィチの「5番」だった。これは白眉であったろう。特に日本フィルの弦楽器群がこれほど怜悧で鮮烈な音色を響かせるなど、一昔前には考えられなかったことである。

 ウォンはその弦楽器群を、内声部を明晰に浮き上がらせ、曲全体を驚くほど豊かな和声感を以て包み込んで行った。第1楽章の頂点の個所や、第4楽章の熱狂の部分など、普通の演奏なら金管楽器群を痛烈に鳴らしまくるものだが、今日のウォンはむしろ弦楽器群を強靭に響かせ、金管はその奥の方から聞こえて来る、というバランスを構築していた(これは2階RC席で聴いた音響バランスである)。これがいっそう和声感を強くする要因にもなっていたと思われる。

 といって、ウォンの指揮が音響的に茫洋としていたわけではない━━弦のアクセントの強烈さ(例えば第1楽章第12小節最後のヴァイオリンの2分音符。総譜ではフォルテひとつなのに、ほとんどフォルテ三つで切り込んだようにさえ感じられた)、クレッシェンドの鋭さなどは並外れたものがあった。
 これほど隅々まで神経を行き届かせた「5番」の演奏も、滅多にないだろう。テンポは全体に速めで、終楽章の冒頭や大詰めでの昂揚も凄まじく、エンディングは総譜通りリタルダンドなしで、猛然と終った。

 カーチュン・ウォンという指揮者、やはりただものではない。日本フィルは、いい人選をしたものだ。

 4時15分終演。池袋の東京芸術劇場へ移動。

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中