2024-03

2011・5・3(火)ラ・フォル・ジュルネ金沢 シューベルトのトリオ

   石川県立音楽堂邦楽ホール  11時

 「漸く賑やかになって来ましたよ。昨日はどうもね・・・・」と、現地スタッフのYさんが言う。
 たしかに今日は朝から音楽堂の内外、かなりごった返している。ただ東京の国際フォーラムと違い、会場整理スタッフがギャンギャン喚いて誘導する声があまり聞かれないのがありがたい(東京はあれが五月蝿くて閉口だ)。

 午前中に行なわれている4つのコンサートの一つは、庄司紗矢香(vn)、ミシェル・ダルベルト(pf)、タチアナ・ヴァシリエヴァ(vc)による、シューベルトの「ピアノ三重奏曲第2番」。
 720席の邦楽ホールは、ほぼ満員である。桟敷席などもある、邦楽の雰囲気充分の小屋(?)で聴くシューベルトもオツなものだ。
 残響ゼロの会場だから、ピアノはよく聞こえるものの弦にはかなり厳しいなと最初は感じられたが、流石は名演奏家たち、ほどなく3つの楽器のバランスは完璧に整って、緊密度の濃いシューベルトが聴けた(これは最後列で聴いた印象だが)。

 開演が何故か5分遅れたので、終演は11時55分近くになった。次の演奏会のため、慌てて飛び出して行く人も少なくない。私もカーテンコール1回分だけ拍手をして、あとに続く。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/1080-982b061d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中