2024-03

2012・5・4(金)ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(6)
モディリアーニ弦楽四重奏団とプラジャーク弦楽四重奏団メンバーの協演

   よみうりホール(トルストイ)  11時30分

 国際フォーラムから通りを隔てた読売会館の中にあるよみうりホール――今年は「トルストイ」という名が付されているが、東京のLFJコンサート会場の中では、アコースティックはここが一番マシだろう。

 フランスのモディリアーニ弦楽四重奏団がまずショスタコーヴィチの「弦楽四重奏曲第1番」を演奏し、次いでプラジャーク弦楽四重奏団のヴィオラとチェロが参加して、チャイコフスキーの「フィレンツェの思い出」を演奏するという趣向。
 すっきりした味のロシア音楽だが、演奏自体は活力があって、密度も濃い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/1377-a833f893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中