2024-03

2012・10・13(土)上岡敏之指揮新日本フィルハーモニー交響楽団
ヴェルディ:「レクイエム」

   すみだトリフォニーホール  3時

 協演の合唱は栗友会合唱団、声楽ソリストは宮平真希子(S)、小川明子(A)、吉田浩之(T)、福島明也(Br)。

 今回はシカゴ大学校訂によるリコルディの新版楽譜を使用しての演奏という(上岡談、プログラム掲載)。それはそれで興味深いことだが、結局は、その演奏が聴く者の心にどう響いて来るかということになるだろう。
 その点、今日の演奏は、いつもの上岡の、スコアの細部に至るまで緻密精妙に仕上げる指揮とはかなり趣を異にしていた。それに、あまり細かいことは言いたくないけれども、「歌」の完璧さが不可欠なこの大曲において、今日の声楽陣の出来は、上岡にとっては少々誤算だったのではないか、という気がしないでもない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/1491-5320fe54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中