2024-03

2008・4・5(土)大島莉紗ヴァイオリン・リサイタル

  トッパンホール

 パリ・オペラ座のオーケストラのヴァイオリン奏者として活躍する大島莉紗の、8年ぶりという日本でのリサイタル。モーツァルトの「K.301」、シューベルトの「幻想曲」、ショーソンの「詩曲」、R・シュトラウスのソナタが取り上げられた。

 華奢で楚々とした容姿の女性だが、きわめてシンの強い、はっきりした自己主張を行うヴァイオリニストだ。強靭な響きとつややかな音色は、ホールを圧するほどである。
 これで、もっと作品ごとに異なる性格が浮き彫りにされ、主題やフレーズのそれぞれに多様な表情が与えられたら、音楽はより多彩になるだろう。ピアノはマーティン・カズン。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/174-c7123244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中