2024-03

2008・4・16(水)ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団

   東京オペラシティコンサートホール

 「幻想交響曲」では、ハープが何と6台、下手にズラリ並ぶ。豪勢なものだが、随分コスト比が悪かろう。
 弦は一昨日と同様18型で、管も倍加されているものがあるため、ステージはあふれんばかり。この壮大志向ならば、もしや旧版のコルネットのパートも復活か、と期待したが、それは果たされなかった(舞踏会の場面にあれが入ると、実に華やかでいいのだが)。

 プログラムは、前半にその「幻想」が演奏され、後半に「トリスタンとイゾルデ」の「前奏曲と愛の死」、そして「ボレロ」という配列。
 音色の壮麗なこと、和声のバランスの良さは一昨日と同じで、ケントがこのオーケストラを既に完全に把握していることをうかがわせる。
 その美感が最大限に発揮されたのは、意外にも「トリスタン」の前奏曲であった。しかし、それはいかにも音響的に快い音楽であるとはいえ、それ以上には踏み込まないところに、ある種のもどかしさを感じさせる。灼熱の愛も苦悩も、この音楽からは伝わってこない。だがそれがケントの音楽の個性なのだろう。冷たく醒めた音楽だと言っているのではない。「前奏曲」や「愛の死」での大きなクレッシェンドの個所で、ケントはテンポをぐいぐいと速めて行く。彼なりのスタイルで激しい感情の高まりを描き出していることは事実なのだ。

 アンコールでは、14日の演奏会におけるものと全く同じ3曲が同じ順序で演奏された。とりわけシューベルトの「ロザムンデ」間奏曲における最弱音の美しさは、それはもう陶酔的でさえあった。2種類のプログラムを聴いて最も感銘を受けたのは、この泡立ちクリームのように柔らかく拡がって行く弱音の響きだったのである。

コメント

先日名古屋で同プログラムを聴きました

名古屋での演奏会で感じたことを書かせてもらいます。オーケストラは大編成で、その割には音量もよくコントロールされ、よく響く演奏には満足しました。まず幻想ですが、非常に遅いテンポでオケを十分に響かせるにはよかったと思います。ただ遅いテンポは別の意味でのリスクがあり、よほど曲全体の構成を考え、その部分部分に合った繊細かつ大胆なデュナミークをつけないと、ややもするとダレ気味になる可能性もあります。今回もその場その場の響きはすばらしいが、曲が終わってさて、と思い出してみると「何を聴いたんだろう?」と思ってしまう演奏に聴こえまいた。もう一つこの遅いテンポでほぼ全曲を演奏し、ところが第5楽章の最後の数小節で急に、それも唐突にテンポを上げたのは何故でしょう。少し奇異な感じがしました。トリスタンも同じく部分部分はすばらしいが、全体としては盛り上がりに欠ける演奏だったと思います。ボレロはこの演奏会で一番の出来だったと思います。アンコールの桜変奏曲はバタ臭い演奏で日本情緒のしっとりした味わいは感じられませんでした。ファランドールは最後の景気つけに賑やかにヤッツケタという感じでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/183-b24ce0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中