2024-03

2008・4・26(土)デジレ・ランカトーレ ソプラノ・リサイタル

  紀尾井ホール マチネー

 最近日の出の勢いにあるパレルモ出身のソプラノ、デジレ・ランカトーレは、日本にも昨年「ルチア」や「ラクメ」の舞台でおなじみになった美女。

 リサイタルは今回初めて聴く。ヴェルディ、ドニゼッティ、ロッシーニ、パイジェッロ、マスカーニ、ベルリーニらイタリア・オペラのアリア集で構成されたプログラムの冒頭は、なんとモーツァルトの「魔笛」の中の悲痛なアリア「愛の喜びは露と消え」。これを最初にもってくる人は稀だろうが、そこに彼女の心意気というものがあるのだろう。
 前半は声の状態も必ずしも完璧でなく、高音域にしても彼女らしくないところがあったが、途中から調子を上げ始め、「愛の妙薬」あたりからは本来の明るさを取り戻した。この人、高音のコロラトゥーラももちろん好いが、中低音域に不思議な色気がある。
 いつも思うことだが、オペラ歌手がリサイタルを行なうというのは、本当に難しい。歌唱に深い表現力が備わるのはこれからだ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/192-1937b4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中