2024-02

2008・5・1(木)日本演奏連盟クラシックフェスティバル

  東京文化会館大ホール

 日本演奏連盟が主催するこのシリーズ、今年が第20回記念ということで、「スペシャル・ガラ・シリーズ」が開催された。客席はまさに超満員である。
 新日本フィルと東響のメンバーを中心に東フィルと日本フィルも加わった「フェスティバル・オーケストラ」を飯森範親が指揮。彼は司会も兼ねた。
 「フィガロの結婚」序曲で始まった後は、高木綾子と吉野直子がモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」第1楽章を、清水和音が「皇帝」第1楽章を、堀米ゆず子が「スペイン交響曲」第5楽章を、高橋薫子が「椿姫」のアリアを、大谷康子がサン=サーンスの「ヴァイオリン協奏曲第3番」第3楽章を、堤剛がドヴォルジャークの「チェロ協奏曲」第1楽章を、中村紘子がチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」第1楽章を演奏。コンサートは休憩を含めておよそ2時間半に及んだが、まあ、お祭の場向けの演奏水準といったところか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/196-f9fdbae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中