2024-02

2008・5・27(火)クリストフ・エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団

  サントリーホール

 チューニングの時からすでに「いい音だ」と感じさせるオーケストラなど、そう多くはないだろう。フィラデルフィア管弦楽団の美音は、見事なほどに健在である。輝かしく艶っぽく、膨らみがあり、余情もある。
 これほどいい音のオーケストラならいつまでも聴いていたいとさえ思うほどだが、音がいいということは、女性にたとえてみれば絶世の美女みたいなものだから、内容がカラッポであればすぐ飽きるかもしれぬ。こういうオーケストラは、ピリオド楽器的奏法など巧くできるのかしら?

 しかし、今日の演奏は立派だった。ブリテンの「ヴァイオリン協奏曲」でも、シューベルトの「ザ・グレイト」でも、力強い低音の上に柔らかい音色が輝かしく拡がる。この低音は、やはりエッシェンバッハの好みなのだろう。コントラバスのピチカートがこれほど美しく響くオーケストラも稀だろう。
 エッシェンバッハの指揮についてはあれこれ風評もあるし、現実にこれまで聴いて心を打たれたことはなかったが、少なくともこの日の2曲に関しては、オーケストラの実力と合わせて非凡な音楽のつくりになっていた。そうした音を引き出した彼の功績も認めるべきである。ほんの一つのフレーズの扱いにも、双方の呼吸が合っていなければ不可能な特徴が感じられるし、壮大な起伏と、細部に置ける生き生きした躍動、多彩な音色の変化も実に魅力的であった。

 ヴァイオリン協奏曲は、五嶋みどりが恐るべき緊迫感を以て弾き切った。第2楽章での長いカデンツァでも、音楽は一瞬の緩みもない。これだけ「楽器を弾ける」ヴァイオリニストは他にもいるかもしれないが、音楽そのものに輝かしさと凄愴感とを併せ持たせる音楽家は、なかなかいないものである。しかも、そのソロを、エッシェンバッハが実に巧くサポートする。オーケストラを豪壮かつ劇的に鳴らしたかと思うと、さっと身を翻すように後退してソロを前面に押し出す、その呼吸もまた見事なものだった。

 アンコールは、一風変ったアレンジの「ピチカート・ポルカ」と、これまた実に豪壮な「雷鳴と電光」。大太鼓を含む低音部構築の巧さがここでも目立つ。どんな秘密があるのか?
   音楽の友8月号(7月18日発売)演奏会評

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/214-6f11c466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中