2024-03

2005・4・17(日)スクロヴァチェフスキ指揮読売日響特別演奏会

       サントリーホール  6時

 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキが、ベートーヴェンの「交響曲1番」とブルックナーの「交響曲第7番」を指揮した。
 この高齢で、なおこれだけ明確で鋭いリズム感覚、オーケストラを統率制御する強烈な力を持つとは、やはり大変な指揮者である。ベートーヴェンは速いテンポでキビキビと畳み掛けたが、これまた高齢の指揮者には珍しいことだ。
 読響は物凄い音量と、豊かな響きを出した。この分なら、このオケは大丈夫だろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中