2024-02

2005・4・25(月)スクロヴァチェフスキ指揮読売日響

      サントリーホール  7時

 プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」第2組曲とバルトークの「管弦楽のための協奏曲」。素朴で剛直な、味のある音楽。「ジュリエット」の部分など軽快な少女の雰囲気など全くない演奏だが、全体としてはやはりいい音楽だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中