2024-02

2004・4・18(日)ホールオペラ「トスカ」

     サントリーホール  4時

 あまりプッチーニのオペラを聴きたいという気持ではないが、仕事ゆえ聴きに行く。
 ダリオ・ボニッスィの演出と石井幹子の美術・衣装・照明は凝ったものだったが、とりわけ印象的だったわけではない。
 レナート・ブルソン(スカルピア)は流石の貫禄の悪役で、ニール・シコフ(カヴァラドッシ)もよく声が伸びた。ドイナ・ディミートリゥ(トスカ)はかなりパワフルでよく通る声である。

 指揮のニコラ・ルイゾッティはオケを鳴らすこと鳴らすこと、しばしば声をかき消したが、それはこのホールのアコースティックと、舞台の配置の所為によるものかもしれない。2日目の公演がもしあったら、バランスを変えた演奏も可能だったであろう━━という類のものである。
 いずれにせよこの指揮者、ややワイルドな音楽の持主だが、ドラマティックな盛り上げは悪くない。すでにパリ・オペラ座やスカラ座にデビューを行い、この2、3年のうちにはメットへのデビューも決まっているというから、成長株なのだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中