2024-03

2009・1・7(水)ヒラリー・ハーン&ジョシュ・リッター コラボレーション

   東京オペラシティコンサートホール

 ヒラリーが無伴奏で演奏したのは、バッハのソナタ(2番)、イザイのソナタ(5番)、エルンストの「夏の名残のばらの主題による変奏曲」及び「魔王による奇想曲」など――さすがに美しく、緊迫感にあふれる演奏だ。
 彼女は、以前よりいっそう音楽にスケールの大きさを増した。清純ながら艶やかな音色で瑞々しいカンタービレを聴かせつつ、きわめて安定したリズム感をもって、作品すべてに毅然とした構築性を導入して行く。本当に彼女は、聴くたびにすばらしくなっている。

 来日公演の初日の今日だけは、フォークのシンガーソングライター、ジョシュ・リッターとの「コラボレーション」というコンサート。
 彼がギターを弾きながら歌う(PAつき)柔らかいフォーク・ソングの数々はなかなか美しいが、いささか単調で、しかも長い。
 しかし、それにヒラリーが入れるヴァイオリンのオブリガートの方は、音色も旋律も、なんとも魅力的だった。これがもし即興的なものだったとすれば、彼女のセンスはたいしたものだろう。
 私はもともとフォークは嫌いではないし、かつて放送局勤務時代にはその種の番組も作ったことがあるくらいだ。が、今日の演奏会では、ヒラリーのヴァイオリンが聞こえはじめるたびに何となくホッとする気分になった、というのが正直なところである。

 彼女の公演は18日まである。次はリサイタルを聴きに行ってみよう。

コメント

前回、諏訪内晶子さんのピンチヒッターとして登場した西宮の兵庫芸術文化センターでの演奏に感動したものです。それ以来の演奏会がまた同じく西宮で12日におこなわれます。センスがますます磨かれている様子が日記を拝見して感じられること、当日が待ち遠しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/372-dc68bbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中