2024-03

2022・4・30(土)「近江の春」びわ湖クラシック音楽祭(5)
「晴れ晴れコンサート」晴雅彦(T)と伊藤晴(S)

          滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 小ホール  5時

 朝からの強行軍で少々疲れ(トシは争えぬ)、聴かずにホテルへ帰ろうかと思っていたのだが、音楽祭事務局のH氏から「こんな面白いコンサート、聴かなきゃいかんです」と煽られて小ホールに向かう。

 晴さんと晴さんとのデュオで「晴れ晴れ」コンサート、などという趣向を誰が考えたのかと思っていたら、2人のステージトークによれば、発案者は沼尻芸術監督だったとか。
 プログラムは45分枠で、ロルツィングの「密猟者」、プッチーニの「つばめ」、コルンゴルトの「死の都」、レハールの「メリー・ウィドウ」、メンケンの「美女と野獣」、メサジェの「仮面をつけた愛」、バーンスタインの「ウェストサイド・ストーリー」からのアリアやナンバーが歌われ、最後は「メリー・ウィドウ」からの二重唱で華やかに幕を閉じた。ピアノは、これも河原忠之。

 コンサートは専ら晴雅彦のトークで進行され、それはややSpeak too muchのような気もしたが、H氏から「関西ですからね」と言われて、それもそうかと思う。とにかく、この明るいコンサートで体調も回復、気分も「晴れ」た。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中