2024-03

2022・5・17(火)前川知大作・演出「関数ドミノ」

      東京芸術劇場シアターイースト  7時

 ある交差点の横断歩道で、クルマが歩行者の少年に激突した。だが少年はかすり傷ひとつ負わず、クルマの方が大破した━━という奇妙な交通事故をきっかけとして、全てが思い通りに進むという特殊な力を持った人間が存在するのかしないのか、つまりドミノ幻想なるものが現実にあるのかどうか、それに関しての議論と口論で休憩なしの2時間を保たせた演劇。

 浜田信也、安井順平、大野つかさ、温水洋一ほかの出演で、今日が東京公演の初日。
 それにしても、もし、何事もドミノを持った人間のなせる業なのだ、という論理が成立するなら、それは宗教━━「全能の神」と同じことになるのではなかろうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中