2024-02

2022・6・18(土)サントリーホール チェンバーミュージックガーデン
ラデク・バボラークの個展

        ブルーローズ(小ホール) 7時

 これもオンラインによる視聴。サントリーホールから送られて来たURLから入り、たっぷり2時間以上、ホルンの名手ラデク・バボラークの演奏を堪能した。

 プログラムが実に多彩で、バッハのコラールの編曲もの3曲に始まり、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタK.304(300c)のホルン編曲版、シューマンの「幻想小曲集」と続き、休憩後にはドビュッシーの「シャルル・ドルレアンの3つの歌」編曲版、ベートーヴェンの「六重奏曲Op.81b」、フランセの「夜想曲と嬉遊曲」、ブルックナーの「アンダンテ」、更にアンコールではグリエールの「悲しきワルツ」とフォーレの「パヴァ―ヌ」といった具合である。

 バボラークも図抜けて巧いが、協演者たちも、みんな上手い。ピアノの菊池洋子、ホルンの福川伸陽・今井仁志・石山直城、それにアトリウム弦楽四重奏団。快演の熱気が、パソコンの画面とスピーカーを通してこちらにも伝わって来る。
 こちら「デジタル・サントリーホール」の配信では、曲名や演奏者名が親切に画面上にも表示されるというのが有難い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中