2024-03

2022・7・4(月)びわ湖ホールの「マイスタージンガー」制作記者会見

       びわ湖ホール 2時 (オンライン視聴)

 来年3月2日と5日に上演予定の沼尻竜典芸術監督が指揮するワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の制作発表記者発表の模様がオンラインで中継された。
 私もこのワーグナー・シリーズに関連して毎年びわ湖ホールで入門講座を担当しているので、参考のため、パソコンで視聴する。現場に行かずして取材が出来るのだから、便利な世の中になったものだ。

 この「ワーグナー10作品=W10」シリーズは、沼尻芸術監督とびわ湖ホールが総力を挙げたプロダクションだ。2020年の「神々の黄昏」までは完全な舞台上演だったが、コロナ蔓延のため、2021年の「ローエングリン」と今年の「パルジファル」はセミ・ステージ形式に切り替えられて上演されたのは周知の通り。来年のこの「マイスタージンガー」も同様というが、演出を粟國淳が担当するということに興味が湧く。

 なお今日は、ハンス・ザックスを歌う青山貴も出席して、これが初役であること、出演を依頼されてしばらくは自分がザックスを歌うことになっているとは知らなかったので驚いたこと、などを語ってくれた。
 沼尻芸術監督のおなじみの八方破れの、時にはヤバイ話も交えながらの面白い説明と併せ、稀なる楽しい記者発表だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中