2024-03

2022・7・23(土)フェスタサマーミューザKAWASAKI開幕
東京交響楽団 オープニングコンサート

    ミューザ川崎シンフォニーホール  3時

 東京都と神奈川県のプロ・オーケストラおよび神奈川県の主要音楽大学のオーケストラがずらりと顔を揃える、恒例の名物フェスティヴァル。今年も順調に開幕できたのはめでたいことである。
 最近では、他都市のオーケストラも毎年1団体がゲストで出演することが習わしとなっていて、今年は尾高忠明の率いる大阪フィルが来る。フェスティヴァルは8月11日まで開催。

 今日のオープニングコンサートでは、ホスト・オーケストラの東京交響楽団が、音楽監督ジョナサン・ノットの指揮で登場。「ジャズとダンス━━虹色の20世紀」と題して、実に多彩で面白いプログラムが演奏された。

 まず三澤慶の「音楽のまちのファンファーレ」で開始され、クルタークの「シュテファンの墓」、シェーンフィールドの「4つのパラブル」と続き、休憩後にはドビュッシーの「第1狂詩曲」、ストラヴィンスキーの「タンゴ」「エボニー協奏曲」「花火」と続き、最後はラヴェルの「ラ・ヴァルス」で結ばれるという流れ。
 ソリストは鈴木大介(g)、中野翔太(pf)、吉野亜希菜(cl)、谷口英治(cl)。コンサートマスターはグレブ・ニキティン。

 楽器編成はさまざまだったが、ステージのセット換えは前半を除いてほとんど行わずに、楽員がその都度しかるべく移動するという方式で、時間的にもスムースに進めて行ったのは見事であった。ストラヴィンスキーの作品集では、演奏する管楽器群をステージ下手寄りに集め、そこのみ照明を当てるという趣向も見せた。今日のステージ・マネージングは、なかなか冴えていたと言えよう。

 「シュテファンの墓」では、下手側に位置したソロ・ギターと、ステージ各所および客席各所に点在した楽器群との空間的交流が不思議な雰囲気を醸し出す。
 一方「4つのパラブル」は、シンフォニック・ジャズの魅力を存分に発揮した作品で、今日の演奏の中ではこれが最も豪華絢爛とした光を放っていたように感じられた。

 もちろん、ストラヴィンスキーの作品群も、ナマの演奏会では滅多に聴けぬ曲だし、楽しく聴かせてもらった。が、最後の「ラ・ヴァルス」は、ちょっと所謂「フェスティヴァル的」な雰囲気の演奏だったか? ともあれ今日はノットと東響らしい活気の漲った演奏で━━トランペットもよかったし━━面白い趣向も感じられるコンサートだった。

コメント

オンライン配信!

今年もフェスタサマーミューザをオンラインで拝聴できるのが嬉しいです。オープニングコンサートは、とても面白かったです。カメラワークとステージマネージングの良さ!東響さんもノットさんも、お見事でした。とりわけ、ストラヴィンスキーのプログラムは素晴らしかったです。毎年思うのですが、フェスタさんのカメラワーク、いいですね!楽しめることに感謝です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中