2024-03

2022・11・18(金)フランソワ・ルルー指揮 日本フィル

      サントリーホール  7時

 一昨日、「コロナ・ワクチン第5番」をやったため、副反応を警戒してその日の「アルゲリッチ&海老彰子」(みなとみらいホール)は欠席連絡。今日も予定はマチネーの「沖澤&新日本フィル」のみにとどめておいたのだが、日本フィル事務局のSさんから「これは面白いから聴くべし」と煽られ、幸い副反応も皆無の気配と見て、トリフォニーホールからこちらへ回って来たわけである。確かにこれは、聴いておいてよかった。

 オーボエ奏者にして指揮者のフランソワ・ルルーが客演、自らドヴォルジャークの「管楽セレナード」とモーツァルトの「オーボエ協奏曲」を吹き、その一方、ドヴォルジャークの「伝説」から第1番、第8番、第3番と、ビゼーの「交響曲ハ長調」を指揮した。コンサートマスターは扇谷泰朋。

 第1部で演奏されたドヴォルジャークの2曲は、意外にナマでは聴く機会のほとんどない作品だが、いかにも素朴で、不思議な郷愁感に誘ってくれる。ルル―がこういう「伝説」のような曲を、これほど民族色豊かに指揮するとは、失礼ながら、予想もしていなかった。

 第2部では、ルル―の本領がさらなる全開だ。ドヴォルジャークの音がまだ耳に残っているところへ、モーツァルトの響きが突然飛び込んで来るこの瞬間の、何と新鮮なこと! いや、それはともかく、「吹き振り」のルルーのまた素晴らしいこと! 
 甘く華麗な音色を湛えたそのソロは、昔の佳き時代の名人の語り口そのまま、表情は自由奔放、変幻自在。それでいながら大元の筋は決して外さずに一本の太い流れを形づくる。それは一つ一つの音符を正確に吹くことを優先する現代の演奏スタイルとは些か異なる芸風であり、それに戸惑う聴き手もいるかもしれないが、今日の客席の人びとは私同様に、この名人芸に酔わされたようである。

 カデンツァの個所での気持よさそうなルルーの独壇場といったら! 日本フィルが見事に柔軟にこのルルーの音楽を受けて完璧な演奏を聴かせた。
 そしてアンコールには、ルルーが自ら編曲したという、モーツァルトの「魔笛」のモノスタトスの短いアリアが演奏されたが、これがまた何と軽快なこと。あの腹黒いモノスタトスがこの上なく愛らしく、魅力的な人間に感じられるほどの音楽になっていた。

 最後は、ルルーが指揮台に立ってのビゼーの「交響曲ハ長調」だったが、これまたえらく勢いのよい演奏だ。この曲をルルーが選んだのは、第2楽章にあるあの甘美な旋律のオーボエ・ソロを聴かせたかったからではなかろうか。そこはまさか自分では吹かなかったけれども、首席オーボエ奏者の杉原由希子が見事にそれに応えた。
 そしてルルーは、終楽章(アレグロ・ヴィヴァーチェ)を飛ぶような速度で指揮し、本当に気持よさそうにコンサートを締め括ったのだった。

コメント

大満足

ラザレフ中止の代わりで、些か落胆しつつ小生はドボ管目当てに参りましたが、何と「大当たり」。ドボは勿論、モツ、ビゼー皆素晴らしく楽員もルル―に強く共感、のめり込んでいるのが良く分かり、実演の醍醐味という気待ちの良い時間を堪能しました。矢張りモツは素晴らしく名人大家とはかくなるものかという感じ。ビゼーもリステンパルトを思い起こさせるビビットな演奏で、二日目はスタンディングオベーション!
是非また来演して13菅辺りでも吹き振りしてほしいものです。

指揮者と演目の変更が発表されてから11月最も楽しみにしていた演奏会で、金曜土曜と続けて聴きました。
ルルーさんのビゼーの交響曲だけでなくモーツァルトの協奏曲も、日本で生で聴けるとは思っていませんでした。あの演奏を聴いて客席でじっとしているなんて無理です。幸い金曜はP席後方列だったので我慢できずにちょっと踊ってしまいましたが、少し前の列にも同じようにノリノリの方がいて安心しました。一応周りの方の迷惑にならないように自制したつもりです。
土曜日はビゼー交響曲4楽章のヴァイオリン一糸乱れぬ演奏がさらにパワーアップしていて、2日とも聴いた甲斐がありました。ルルーさんの歌うオーボエとどこまでも伸びていく音色がお気に入りですが、ドヴォルジャーク「管楽セレナーデ」の最弱音であってもほかの音に埋もれることなく聴きとれてしまうところは会場で聴いたからこその感動。「伝説」もルルーさんの指揮で全曲聴いてみたいと思いました。
このプログラムを実現してくれた日本フィルに感謝。東条さんがワクチン副反応もなく、この演奏会を聴き逃すこともなくて本当によかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中