2024-03

2023・11・28(火)アラン・ギルバート指揮NDRエルプ・フィル

       サントリーホール  7時

 ハンブルクに本拠を置くNDRエルプ・フィルハーモニー管弦楽団(旧称北ドイツ放送交響楽団)が、2019年秋から首席指揮者を務めるアラン・ギルバートと共に来日した。今回は22日の大阪を皮切りに30日の秋田まで、計5回の公演というスケジュールだ。
 だしものは全ブラームス・プロで、初日の大阪のみ「ピアノ協奏曲第1番」と「交響曲第2番」、あとの4回は交響曲が「第1番」に替わる。ピアノのソリストは反田恭平。

 アラン・ギルバートがこのオーケストラを指揮するのを初めてハンブルクで聴いた時は、たまたま当日のプログラムのせいだったこともあろうが、いったいこの両者、水と油なのじゃあるまいか、と思ったほどの演奏だった(☞2009年11月16日)。ところが私のいい加減な予想に反して、両者はその後うまく行っていたらしく、首席指揮者就任を1年後に控えた来日公演(☞2018年11月2日)では、このオーケストラの美点を充分に引き出した演奏を聴かせてくれるようになっていたので、大いに感嘆させられた次第なのである。

 そして今回も同様、「第1交響曲」の序奏が響きはじめた時には、なにか久しぶりにドイツのオーケストラの良き伝統的な個性を味わっているような気持にさせられたのだった。少しくすんだ音色で、いかにも北の街ハンブルクの、ちょっと野暮ったいほどの素朴な情感を漂わせたブラームス。
 最近はヨーロッパの多くのオーケストラがお国柄の味を失い、インターナショナルな色合いの音に変貌している中で、これは今どき貴重な存在だなと思わせる。

 しかもそんな音を引き出しているのが、日系アメリカ人のアラン・タケシ・ギルバートなのだということは、ますます興味深い。この「第1交響曲」の演奏は、久しぶりで「北国のブラームス」を蘇らせてくれたような懐かしさを感じさせてくれた。

 ただ、オーケストラのアンサンブルという点では、今回は何故か少し荒っぽいものがあって、よく言えば自由な感興を溢れさせた演奏、ということになろうか。しかし、曲が高潮して大きく息づく個所で、弦楽器奏者たちが一斉に音楽へ没入するように身体を波打たせながら弾く光景はちょっと感動的だし、こちら聴く側でも演奏に引き込まれてしまう。少しくらい音がずれようが何しようが、そんなことよりもずっと大切なものがある、という思いになるだろう。

 第1部でのピアノ協奏曲では、最初のうちオーケストラの音が不思議に薄く感じられて、どうしたことかと訝るほどだった。交響曲が弦16型だったのに対し、協奏曲は弦14型で演奏されたのは事実とはいえ、そういう理由からだけではなかっただろうと思うのだが、よく解らない。第3楽章に至って、オーケストラには少し重量感が生まれて来たように感じられたということもあるし━━。

 反田恭平のピアノは驚くほど清涼感と透明感に富み、この「北のドイツ人作曲家」の音楽の中に流れる澄んだ叙情美を浮き彫りにするような演奏になっていた。そうしたブラームスはあまり聴き慣れぬものではあるが、ひとつのアプローチとして興味深い。
 もしかして、アランがこの協奏曲の提示部を軽やかにスタートさせたのは、反田のこのピアニズムへの「序」という意味だったのか? 反田がソロ・アンコールで弾いたシューマン~リスト編の「献呈」の音色の美しさも感銘深かった。

 今日のホールはまさに満席だったが、雰囲気からすると、どうやら大半が反田恭平を聴きに来たお客さんだったのではないか、という印象である。あまりドイツのオケのブラームスを聴きに来たような感じではなかったが、もちろんみんな「第1交響曲」の演奏のあとには、熱狂的な拍手で応じていた。
 オーケストラは最後にブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」を演奏したが、冒頭で暫くは手拍子が交じるという部分が続いた。アランが後ろを振り返って微笑したのが印象的だった。

コメント

大阪で拝聴しました!

初日、大阪のザ.シンフォニーホールで拝聴しました。ブラームスのピアノ協奏曲第1番と、交響曲第2番。会場の雰囲気は、反田恭平さん目当ての方が多かったみたい。私、反田さんのブラームスは初めて拝聴なのですが、こういうブラームスもいいですね。表現力豊かな演奏でした。交響曲第2番も、エルプ.フィルらしさが、込められ、お見事でした。ブラームスは、ヴェルター湖畔の風光明媚な土地の自然に魅了され第2番を創作したそうですね。演奏と光景が一致するような感動でした!マエストロ ギルバートは、2028年シーズンまで、任期延長が決定しているそうです。次回の来日が楽しみです。例によって、出待ちしてお見送りしました。Bravi!!

下の句読むと

ギュンター ヴァントって言う指揮者が居たんだけど、
知っているかな。

では、どうだろうか。

反田恭平の芸風は絶対ブラームスの協奏曲に合うと思ってきましたが遂に実現。私はブラームスのピアノ協奏曲第1番が好きで約40種類CDを持っているマニアですが、反田君の演奏はその40枚や動画でも聴けないオリジナルなものと感じました。ツイメルマン盤のように52分?ぐらいの遅くスケールの大きい演奏ですが、強靭な打鍵の強奏と独特のシューマンのような細やかな表情の対比が面白く、日本人のピアノ解釈の最前線に触れた感銘を覚えました。過去の名演の蓄積を反田君は吸収・咀嚼して独特の劇的世界を作ったのでしょう。ただ、時に、そのドラマ性が、ある種の計算高さに感じられたのは否めないのは課題かも。ギルバート氏は、交響曲第一番がのびのびして素晴らしかったです。1か月ウィーンフィル、ベルリンフィル、コンセルトヘボウ、ゲヴァントハウスなど隙のない演奏に触れ続けていましたが、おおらかで明るく大河のようなブラームスは心地よく心に響きました。これもテンポが遅かったですが、長いとは感じませんでした。ぜひ都響でブラームスチクルスを。話は戻りますが、ブラームスのピアノ協奏曲第1番は10月7日サントリーホールで藤田真央君と大野・都響の演奏も聞きましたが、何を弾いてもモーツアルト的なMAOワールドでした。第二楽章の無垢な世界には危うく涙腺が破裂しそうになりました。彼は技巧の難度を感じさせず軽々とした無垢さで弾き、かといってポリーニのような知性や熱のような人間臭さも感じさせないタイプ。ある意味グールドのようです。好悪は割れそうですが、反田君同様、数十枚のどのCD音源・動画とも全く違う感性。日本人がこういう世界に挑戦できる斬新な個性的な演奏をする時代がようやくやってきました。老若女性でホールが混雑するのはただ鍵盤のアイドルを追っているのではないのだ、と知らされました。いい演奏家は聴衆を育てる方につながればいいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中