2024-03

2023・12・4(月)クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル

        サントリーホール  7時

 今年のクリスチャン・ツィメルマンのリサイタルは、11月4日の柏崎に始まり、12月16日の所沢まで、全10回にわたるものだという。例のごとく、すべて同じプログラムによるものだそうな。

 前半にショパンの「夜想曲」から作品9-2、15-2、55-2、62-2の4曲(「2」を揃えたわけでもあるまいに)と、「ソナタ第2番《葬送》」。後半にドビュッシーの「版画」と、シマノフスキの「ポーランド民謡の主題による変奏曲ロ短調」。アンコールがラフマニノフの「前奏曲ニ長調作品23-4」。
 ショパンの作品を入れたのは4年ぶりのことになるか。「版画」は、11年前のちょうど今日行なったリサイタルでも弾いているので、お気に入りの作品なのだろう。

 ショパンの「夜想曲集」が始まった瞬間から、その音色の透明清澄な美しさに魅了させられる。今回の楽器は良いようである。
 どの曲においても晴朗な音色と表情があふれているのだが、ただしその一方、陰翳といったものを全く排したような演奏でもある。それゆえ、何か不思議に単調なショパンに感じられてしまうのだが━━。もともと情緒的なものを抑制した彼の演奏スタイルのため、いっそうそのような印象が強くなってしまう。

 後半のドビュッシーは、そういった演奏によっても映えるという曲想を備えているので、あたかも清涼剤のような印象を与える。そして何と言っても圧巻は、シマノフスキの変奏曲だったであろう。この作曲家の壮大な叙情美はツィメルマンの演奏によって最高に生きると感じられたのは、これが初めてではない。

 ホールは満席(欠席によるものらしい空席は若干見られる)。こういうピアノの演奏会の時には、若い人たち、特に女性が多い。レセプショニストたちが「今日は写真撮影お断り」と盛んに注意しながら巡回していた。

コメント

ツィメルマン礼賛

16日に所沢ミューズアークホールでツィメルマンの演奏会に足を運んだ。ピアノ好き、ショパン好きにはたまらない至福の時でした。ゆったりとしたノクターンで豊かな音と香るような透明感を持った音の響き。優しいメロディーに聞き手の心を慰めるように弾いてくれる。これがツィメルマンの音楽だ。作品の持つ叙情性を最大限に引き出すテクニックと音楽性。これはツィメルマンの人柄から来ているに違いない。音楽に対する深い愛情そのものを感じる。そんな演奏。ドビュッシーの版画も素晴らしい。1つ1つの音は明確なのに、紡がれる音はベールに包まれたように柔らかく響く。もっとドビュッシーを聴きたくなった。初めて聴いたシマノフスキーのポーランド民謡による変奏曲OP10は、あまり聴かない和声と複雑さを持つ旋律の絡みがあるなか、明快に力強く時には高音を叩くときは左足のバランスを取りながらエネルギッシュな演奏であった。それまでの穏やかなツィメルマンとは異なる激しさも見せたツィメルマン。それでも叙情性を失うことなく、抜群のテクニックで弾ききった。シマノフスキーのOP10をネットで検索してもあまり出てこない。無名曲。これがとてつもなく有名曲に聞こえたのは私だけでは無いと思った。今日はアンコールもサンタの赤い帽子もなかったけれど、幸せな2時間を戴いた。所沢ミューズアークホールは音が良い。ツィメルマンの椅子に座った背中側の3階で聴いていたが、直接昇ってくる音に一点の曇りもなかった。

ツィメルマン礼賛

16日の所沢ミューズアークホールでのツィメルマンの演奏会に足を運んだ。ピアノ好き、ショパン好きにはたまらない至福の時だった。ゆったりとしたノクターンで豊かな音と香るような透明感を持った音の響き。優しいメロディーに聞き手の心を慰めるように弾いてくれる。これがツィメルマンの音楽だ。作品の持つ叙情性を最大限に引き出すテクニックと音楽性。これはツィメルマンの人柄から来ているに違いない。音楽に対する深い愛情そのものを感じる。そんな演奏。ドビュッシーの版画も素晴らしい。1つ1つの音は明確なのに、紡がれる音はベールに包まれたように柔らかく響く。もっとドビュッシーを聴きたくなった。初めて聴いたシマノフスキーのポーランド民謡による変奏曲OP10は、あまり聴かない和声と複雑さを持つ旋律の絡みがある曲。明快に力強く、時には高音を叩くときは左足のバランスを取りながらのエネルギッシュな演奏であった。それまでの穏やかなツィメルマンとは異なる激しさも見せたツィメルマン。それでも叙情性を失うことなく、抜群のテクニックで弾ききった。シマノフスキーのOP10をネットで検索してもあまり出てこない。無名曲。これがとてつもなく有名曲に聞こえたのは私だけでは無いと思った。今日はアンコールもサンタの赤い帽子もなかったけれど、幸せな2時間を戴いた。所沢ミューズアークホールは音が良い。ツィメルマンの椅子に座った背中側の3階で聴いていたが、直接昇ってくる音に一点の曇りもなかった。
読みにくい文章になっていましたので少し手を入れました。ごめんなさい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中