2024-03

2023・12・5(火)シルヴァン・カンブルラン指揮読売日本交響楽団

     サントリーホール  7時

 前常任指揮者・現桂冠指揮者のシルヴァン・カンブルランが登場。
 11月30日の「名曲シリーズ」ではモーツァルトやドヴォルジャークの作品と一緒に武満徹やシチェドリンの作品を指揮していたが、今日の12月定期では、ヤナーチェクの「バラード《ヴァイオリン弾きの子供》」と序曲「嫉妬」、リゲティの「ピアノ協奏曲」、ルトスワフスキの「管弦楽のための協奏曲」という、すこぶる意欲的なプログラムを指揮した。
 その上、協奏曲ではピエール=ロラン・エマールがソリストを務めるという豪華キャスト。コンサートマスターは日下紗矢子。

 1曲目と3曲目にそれぞれ置かれたヤナーチェクの作品は、「ヴァイオリン弾きの子供」のほうは━━美しいソロを弾いてくれた日下さんには悪いけれども━━綺麗な曲ではあるが、それほど面白いとは言えないものだった。やはり「嫉妬」の方が、この作曲家の美点のひとつである鮮烈な感性がより強く表出され、劇的な力にあふれた作品に感じられてしまう。

 この「嫉妬」が当初の案通りにオペラ「イェヌーファ」の序曲か前奏曲として使われていたらどんな効果を生んだであろう、と想像すると興味も尽きないが、あのオペラ本編の音楽を思い浮かべて対比してみると、この作品の方は、やはり激しすぎ、重すぎる感がしないでもない。

 ともあれ期待通りだったのは、リゲティとルトスワフスキだ。
 前者のピアノ協奏曲は1988年完成の、25分弱の作品だが、複雑精妙なリズム、楽器の特殊な演奏法による音色の多彩さ、千変万化の和声の響きなど、目も眩むばかりの世界が展開する。そして、目を閉じて聴いていると、その感覚的な衝撃がいっそう凄まじいものになる。鋭角的なソロで快演したエマールもさることながら、カンブルランと読響の演奏の、縦横無尽に音が飛び交う鮮やかさは、実に見事なものだった。

 なおエマールはそのあと、アンコールとして、同じリゲティの「ムジカ・リチェルカーレ」からの第7番と、一度引っ込んでからまたもうひとつ、第8番なる曲を弾いた(もし拍手が続いていたら、あの勢いでは、もっと弾いたかもしれない)。

 この日のプログラムを締め括ったのはルトスワフスキの「管弦楽のための協奏曲」だったが、これまた見事と言うほかはない濃密な演奏。1954年完成の作品だから、これまでにも何度か聴いているはずだが、今日の演奏は、これほど多彩で面白い曲だったか、と改めて感動してしまうほどの快演だった。各楽器の「協奏」━━というより「飛び交う音群」が、些かも「ごった煮状態」にならず、鮮明に、明晰に交錯して行く面白さ。カンブルランの優れた手腕。そして、やっぱりこの曲はナマで聴くに限る、と改めて痛感する。
 この曲のあとで沸き起こったブラヴォーの声は、先ほどのコンチェルトでのそれを凌ぐ勢いだった。カンブルランも、ソロ・カーテンコールされた。彼の人気は今なお衰えていない。

コメント

最近の読響

11月30日の読響名曲のコメントが少しあったので、了解もなく記載させていただきますと、武満徹の「シグナルズ・フロム・ヘブン」の2曲の間に、モーツァルトのディベルティメント5番がサンドイッチされて演奏されました。読響の解説冊子には武満徹の2つの作品の間に挟まれてモーツァルトが演奏されるような記載は見つからなかった。次が管楽器群が活躍するドボルザークの管楽セレナーデ。そしてメインのシチュドリンのカルメンは管楽器なしの曲。管楽器の活躍する曲と、管楽器が出てこないシチュドリンのカルメン。工夫満載のプログラムでした。

そして定期演奏会のリゲティのピアノ協奏曲。エマールのきらめくピアノとオーケストラの掛け合い。打楽器群の見事な用い方。ウッドブロック、木魚、ギロ、だけじゃなくホイッスルが3種類、ボリスホイッスル、スライドホイッスル、単なる運動会用ホイッスル(黄色かった200円?ホイッスル)これだけでも十分見応え(聞き応え)のあるものでした。

メインのルトスワフスキ。出だしのティンパニからブラームスの1番symphony。過去の作曲家への憧憬と尊敬そして新しい音楽への憧れと挑戦の気概を感じるルトスワフスキ。カンブルランの的確なリズム感とオーケストラへの指示。すべてをコントロールしていた。演奏の完成度の高さに聴衆が応えていた。楽団員が解散しても舞台に駆け寄る聴取。その中に私もいた。ちょっと誰かさんのポエムみたいになってしまった。

ルトスワフスキのオクコンとリゲティの協奏曲が秀逸。数年前の春にエマール氏とのベートーヴェンの協奏曲第3番と幻想交響曲を演奏して去ってからも、読響と名演を残すカンブルラン氏には頭が下がる。エマール氏を呼んだのはその時以来かと思うが、難解な理論をまとうリゲティをドビュッシーやラヴェル、メシアンのような理屈抜きの美しい音響で陶酔させる。ルトスワフスキは最近よく演奏されている。急がず慌てず音響美と隠されたドラマをあぶりだす趣。やはりテンポはやや遅め。客入りがが3分の2程度だったのが残念。最近では、尾高氏の構成を重視した理知的な演奏やノット氏のスピードとスリルの演奏(ノット氏のガッツポーズは思い出す)も記憶に新しいですね。
11月30日の演奏会もよかったので別の評者の方に倣い記します。さすが長い間の関係で魅力を知悉したマエストロ。前半は読響の金管、木管の美技が味わえる曲目。弦打楽器のシチェドリンのカルメン組曲はテンポをおそめにとり響きの透明感とオペラ的演劇性の両立というカンブルラン氏の特性が現れた名演。実演では以前神奈川フィルでも聴いたこともあるし、近々ソヒエフ氏のN響も演奏予定で楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中