2024-04

2007・4・8(日)ザルツブルク・イースターフェスティヴァル
ベルナルト・ハイティンク指揮ベルリン・フィル

     ザルツブルク祝祭大劇場  6時30分

 ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」が演奏された。
 冒頭の和音から早くも温かい、心の奥底にまで染み通ってくる音楽が始まる。ラトルやチョンの指揮の時にはどこか一つ充たされなかった心の空白を、流れ出るような暖かさが充たしてくれた。今回のイースターにハイティンクが出演していて良かった、と心底から感じてしまうような演奏会であった。

コメント

同感です!
ザルツブルグに来て良かった、と思った唯一のコンサートでした。

これと同時期にハイティンクが指揮した、パルシファル(チューリッヒ)もすばらしかったです!
現代の指揮者では、「パルシファル」指揮者として彼は最高と思いますが、いかがでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/45-afa88848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中