2024-02

2009・7・7(火)エクサン・プロヴァンス音楽祭 旅行日記最終日
モーツァルト 「クレタの王 イドメネオ」

   アルシェヴェーシェ劇場

 開演は夜9時40分。
 オリヴィエ・ピイの演出、マルク・ミンコフスキの指揮、グルノーブルのルーヴル音楽隊の演奏。

 序曲の開始直後から幕が上がり、トロイの捕虜(黒人の強制移民グループ)にクレタの軍隊(秘密警察のような集団)が暴行を加える場面から始まる。
 こういう暴力シーンは最近のヨーロッパのオペラ演出における流行みたいだが、私は大嫌いだ。ああいう場面が演じられていると、モーツァルトのすばらしい序曲など、観客の耳に入らないのではなかろうか? 

 しかし、ピイの演出に抵抗感があったのはその部分だけで、その他は実に綿密に丁寧に作られた舞台であった。深夜の正味3時間、いささかも退屈を覚えなかったほどである。
 各キャラクターがアリアを歌う際にも、当人だけが一人で舞台にいるわけでなく、関連のある他の人物が諸々に居てそれに反応するという手法が使われる。これは登場人物の構図を解り易くするのに役立っているし、特にトロイの王女イリア――クレタの王子イダマンテ――アルゴスの王女エレットラの「三角関係」と「女2人の嫉妬」とを、明確に描き出しているだろう。

 ネプチューンは怪異な海神姿で、のべつ姿を現しては槍を振りかざして踊り、イドメネオ父子を威嚇するが、威張って権力を誇示している割には、イドメネオと格闘すれば簡単に叩き伏せられてしまうという、可笑しなキャラである。
 この海神は、てっきり黙役のダンサーだろうと思い、最後にイドメネオを許す「神の声」は誰かが陰歌でやるのかと思っていたら――配役表にも「声」とあったので――いきなりみずから朗々としたバスで歌い始めたのにはびっくりした。

 エレットラは最後のアリアで血を腕や顔に塗りたくり、短剣で自殺する。
 舞台装置は冷たく白色に光るステンレス製か何かの大きな櫓を多数組み合わせる仕組みになっており、その上には群集とともに都市開発計画途次の建物(王子イダマンテはその設計にも熱中している)が並ぶが、それらを乗せたまま黒背広の男たちが力仕事で頻繁に移動させるのだから、全くご苦労なことである。
 ともあれ、舞台は演技・装置ともすこぶる手の混んだ、しかも心理描写を巧妙精緻に織り込んだ造りになっていて、昨夜の「黄昏」とは雲泥の差であった。装置と衣装はピエール・アンドレ・ウェイツ。

 歌手たちは、演技はいいけれど、歌唱力の点では概して平均的水準にある。
 イドメネオ王を歌ったリチャード・クロフトが最も手堅く安定していたが、王子イダマンテのヤン・ボーロン、イリアのソフィー・カルトホイザーは、さほど際立った個性の持主ではない。
 エレットラのミレイユ・ドゥルンシュは見栄えも良い女性で、最近人気も高いと聞くが、歌唱は意外に雑で、最後の怒りのアリアなど、もう少し正確に歌ってもらいたいと思うほどであった。
 容貌魁偉なメイクで映えた海神は、ルカ・ティットートという人。

 ミンコフスキの指揮は、小編成のピリオド楽器オーケストラを適度に劇的に、適度に清涼に響かせてモーツァルトの音楽の魅力を発揮させたが、この人もしばしばテンポを遅い個所で誇張する癖がある。
 今回はカットも全く行わず、第3幕最後のバレエ音楽をも省略なしに演奏した。このオペラ全体を通じてバレエは効果的に使われ、海神の怒り、それに怯えるクレタの民衆などを随所で描いており、したがって最後のバレエも物語全体を要約した内容になっている。

 第1・2幕を続けたあとに休憩が30分。第3幕が始まった時点で既に午前0時。合唱終了時は0時55分で、やれやれ1時前に終ってクレタと思ったのだが、このバレエがあったので、終演は午前1時7分になった(南欧の連中はどうしてこんな時間を組むのやら。8時に開演すればいいものを)。
 これで翌朝6時に起きてマルセーユ空港に向かうというスケジュールはきつい。

コメント

遅い開演時間

初めまして。ルーブル宮音楽隊ホルン首席の根本と申します。とても的を得た批評、興味深く読ませていただきました。特にミレイユ・ドゥルンシュに対してフランスの批評家は概して甘いので、同じ感想を持っていた身としてはとても嬉しいです(笑)。さて、このフェスティヴァルでの開演時間の遅さを嘆いていらっしゃったので、ぶしつけながらそれについてちょっとだけコメントさせていただきます。僕ら演奏者にとってもこの時間割はきついのですが、何せ屋外の事、照明の関係で夜9時半前には開演できないのです。ご存知のようにヨーロッパは夏時間になると夜10時近くまで日が暮れません。そのせいで照明の操作、特に《暗転》が出来ないのです。それが理由で毎年こんな遅い時間に始まるわけです。とはいえモーツァルトのオペラの中でも殊に長い《イドメネオ》はこの時間に始まると確かに辛いですよね。僕がここのフェスティヴァルで経験した最高記録は《ポッペーイの戴冠》で、途中雨で一時中断したにも拘らず最後まで演奏して終わったのが午前2時半というのがありました。こうなるともうオペラj鑑賞というよりは徹夜の我慢大会という感じです。今回の《イドメネオ》でも普段は夜11時半には寝るようにしている僕は、前半(1幕と2幕)が終わるともうぐったりで...それでなくてもモーツァルトのオペラはホルンが大変なので辛い日々を送っております。ではこれからも色々な批評楽しみにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/522-a6c93a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中