2024-02

2009・7・21(火)若杉弘氏逝去

 夜、産経新聞社からの電話で知る。落胆、暗澹たる気持だ。
 思えば昨年6月29日、新国立劇場中劇場で「ペレアスとメリザンド」を聴いたのが、氏の指揮に接した最後の機会になってしまった。あの時既に、カーテンコールでは歩くのもやっとという様子で、舞台中央にも出ず、袖近くに立って挨拶するという、見るからに痛々しい姿であったが――。

 若杉氏ほど、オペラや大規模な声楽作品を数多く日本初演した指揮者は、かつていなかったろう。60年代半ば以降、読売日響とシェーンベルクの「グレの歌」やペンデレツキの「ルカ受難曲」、ベルリオーズの「カルタゴのトロイ人」(「トロイ人たち」第2部、演奏会形式)、ヘンデルの「ジュリアス・シーザー」、ワーグナーの「パルジファル」「ラインの黄金」などを次々に日本初演していた氏の颯爽たる姿が、私にとってはつい昨日のことのように感じられる。
 東京都響時代にも、マーラーの交響曲ツィクルスに際して初稿版などを織り込み、かつマーラーと同時代の作曲家によるめずらしい作品を組み合わせたりして、常に一味違ったプログラミングの面白さで私たちを惹きつけていたものであった。

 「根っからの劇場人」と自他共に許す若杉氏は、本番前に舞台近辺を一回りすれば、今日は本番で「この壁が倒れそうだな」とか「舞台の灯りが故障して点かなくなるんじゃないかな」というように、「事件」がカンで予想できたと言う。
 ドイツと日本でのその長い劇場経験を生かして、新国立劇場オペラ部門芸術監督としても思い切り手腕を振るっていただきたいというのが私たちの願いであったのだが――任期半ばで他界されようとは。
 氏が芸術監督に就任して以来、新国立劇場のレパートリーがどれほど拡大したかは、誰もが認めるところであろう。せめてあと数年、氏が芸術監督の地位に留まることができたなら、新国立劇場のオペラはどれほど多彩になることだろう。そう思えば、氏の逝去はあまりに早すぎた。日本のオペラ界が若杉氏に恃むことは、まだ限りなく多かった。

コメント

若杉氏の死は本当に残念でした。

東条先生。若杉氏の死は本当に残念でした。氏の演奏は昨年5月10に「軍人たち」を見ましたが、それよりも強く印象に残っているのは2月の「黒船」です。日本情緒たっぷりの静かなすばらしい演奏でしたね。黒船は何十年か前のビデオでも見ていましたが、何となくつまらないオペラだと思っていました。ところが氏の指揮だとすばらしいオペラだと認識を変えさせられました。良い思い出になりました。本当に残念です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

若杉氏のこと

私は、若杉氏のことで思い出したことがあります。2003年、武田明倫先生が亡くなられた時、葬儀に参列され、先生の棺にお別れの花を献花した時、お隣に若杉氏がおられました。
私は、二期会「エジプトのヘレナ」、「ダフネ」を聴いています。どちらもリヒャルト・シュトラウスの音楽を捉えたもので、高く評価しています。三島由紀夫といえば、黛敏郎「金閣寺」もあります。岩城宏之さん亡き後、若杉さんに「金閣寺」を振ってもらいたかったとも思います。ちなみに、池辺晋一郎さんの「鹿鳴館」を指揮するという以上、「金閣寺」もぜひ、取り上げてほしかった。残念です。

東条先生は、マーラーチクルスの事を書かれていますが、N響との90年代の部ルックナーもかなり立派なものでした。オペラを聴く機会はありませんでしたが、若杉氏の本当にやりたかったのは、ドイツ型のカペル・マイスターだったのではないでしょうか?ドレスデンの音楽監督を間近にして東西ドイツ統一でしたね。残念なことでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/531-05253a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・衛星デジタル音楽放送
ミュージックバード(エフエム東京系) 121ch THE CLASSIC
「エターナル・クラシック」
(毎週日曜日 12:00~16:00放送)出演

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中