2024-03

2010・1・29(金)ナントの「ラ・フォル・ジュルネ」(第3日)
アコーデオン・グループ 「モーション・トリオ」

   グラン・ホール (随時)

 シテ・デ・コングレの中央ホワイエは、無料のコンサート会場になっており、そこではポーランドの民族舞踊や民族楽器のアンサンブルによる演奏が盛んに行なわれている。
 アコーディオンのバンド「モーション・トリオ」は、ショパンのピアノ曲を編曲して演奏していた。この編曲がなかなか巧い。なるほどショパンはこういう音楽にも化けるのか、と妙に感心させられる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/649-0d8e9197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中