2024-03

2007・10・27(土)アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルハーモニー交響楽団

 サントリーホール

 リャードフの交響的絵画「ヨハネの黙示録から」と「挽歌」、グラズノフのヴァイオリン協奏曲(ソロは日本フィルのソロ・コンサートマスター扇谷泰朋)、プロコフィエフの「アレクサンドル・ネフスキー」。前回の演奏会に続きロシアもので固めた、しかし一癖も二癖もあるあるプログラムだ。オーケストラは本当によく鳴り、しかも色彩感を失わない。日本のオーケストラが音に原色的な色合いを・・・・。
 「音楽の友」新年号演奏会評
   原文は雑誌発売(12月18日)以降にアップロード予定

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://concertdiary.blog.fc2.com/tb.php/79-2288861a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これから楽しみ!! 日フィル第594回東京定演

昨日は、日フィルの定期演奏会でした。指揮は、このたび2008年9月から日フィルの首席指揮者に就任することが決まったアレクサンドル・ラザレフ。ということで、期待しつつサントリー...

«  | HOME |  »

























Since Sep.13.2007
今日までの訪問者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

・雑誌「モーストリー・クラシック」に「東条碩夫の音楽巡礼記」
連載中